コミュニケーションの授業

【悪用厳禁】好きな人を自分から離れられなくする「フォアラー効果」

 

こんにちは、まさくまです。

 

今回は、求められたいあなたのための記事を書きました。

 

人間は誰しも誰かの「特別」になりたくなる時があるでしょう。

あまり大声では言えないテクニックですが、知っておいて損ではないと思います。

 

ひよこ
「どうしても好きな人がいる」
「相手が悪い方向へ行きそうだから説得したい」

 

詐欺師なども使う非常に強力なテクニックなので、くれぐれも悪用・乱用だけはやめてくださいね。

「本気」の時、「良いこと」のために使っていただきたいです。

 

本記事の内容

・人間が持つ「2つの顔」を理解する

・それを利用した「フォアラー効果」で相手からの信頼を獲得する

・このテクニックを使う際の注意点

「アンビバレンスの法則」で相手の理解者となる

人間には誰しも「2つの顔」がある

 

「アンビバレンス」とは日本で二面性という意味を持ちます。

人間には「表に見せている面」と「内側の面」の2つが存在します。

 

仕事ではハキハキと元気がいいですが、プライベートではネガティブなことを発言してしまったりなど。もちろんその逆もあるでしょう。

 

そして、我々は裏の自分を本当の自分だと思い込んでいます

 

その部分、つまり表に見せている面と逆の面を褒めてあげることが大切です。

 

承認欲求を操る

 

また、人間には誰しも承認欲求があります。みんな「自分のことを分かってほしい」と思っているものです。

 

なので、表の面が明るい人に「明るい性格ですね」と言っても響きませんが、「明るいですが、実は抱え込んでしまうタイプじゃないですか?」というと、相手は自分が見透かされ多様に感じます。

 

すると相手は「この人は自分のことを理解してくれるんだ」と思い、あなたに強い信頼を抱くでしょう。

 

ちなみにこの二面性を応用したテクニックは以下の生地でも紹介しているにで是非チェックしてみてください↓

 

では一体どうやって、相手の裏の性格を見破るのでしょうか?

 

実は見破る必要なんてない!

 

ここからが大切な話になります。

 

タイトルの通り、相手の裏の部分を知らなくても、裏の性格を当てることが可能なのです。

 

例えば、相手の外見が派手でどう見ても家庭的ではない場合、「実は家庭的ですよね?」と言ってみてください。

 

もちろん相手は、「そんなことないです、いろいろだらしないし…」と否定してくるでしょう

そしたら、「でもいい奥さんになりそうですよね」とフォローを入れます。

それだけで、相手は「この人は他の人と違って私の違う面を見てくれている」と感じます。

 

もちろん、嫌な言葉ではないのであなたが悪い印象を持たれることは無いですよ。

 

ポイント

本当にその人が家庭的かどうかはこの場合どうでもよく、表の面以外の何かを褒めるのが重要です。

 

もし、客観的に見て彼女が家庭的ではない場合だったとしても、彼女自身は自分の「家庭的だった過去」を脳が勝手に探し出します

そして、1週間に1回だけ料理をしている習慣をさして「家庭的な部分の私」を見つけ出し、「あ、当たってるかも…」と思ってしまうわけです。

 

これを「フォアラー効果」と言います。(専門用語だと「肯定的検証方略」とも言います)

 

「ファオラー効果」で掌握する

 

アメリカの心理学者バートラム・フォアが1948に発見した心理作用がこの「フォアラー効果」です。

フォアは以下のような実験を行いました。

 

学生を対象に性格診断を行いました。診断結果は「あなたは○○な性格だが、△△な側面もあります。」といった内容をランダムに学生たちに返しました。

診断結果は学生の性格とは関係のないデタラメなものばかりでしたが、学生たちにその診断結果がどの程度当てはまるかを採点してもらったところ、5点満点中4.26点という驚くべき結果が出たのです。

 

非常に面白いですよね。

 

家庭的な女性の例でも言いましたが、人間の心理は、的を射てようが射てなかろうが、自分で当てはまる過去を探し出してしまうのです

このフォアラー効果を用いたテクニックは悪い占い師や詐欺師の世界でも横行している手口です。

 

「あれ?これもしかして…」と思ったら気を付けてくださいね。

 

フォアラー効果使うときの注意点

 

相手の裏の面を指摘する際のポイントをまとめますね。

 

ポイント

  • 断定的に言うこと
  • ポジティブな要素を含めること
  • 自分だけに向けられた言葉だと感じさせること

以上の3点です。

1つ1つ説明していきますね。

 

①断定的に言うこと

 

見抜いている感じでビシッ!と自信満々に指摘しましょう。

 

「えぇと…多分、実は家庭的なんじゃ…?」

 

なんて弱々しい態度を取っていたら、相手も不安になってしまいます。
「(私にそんな面あったっけ?)」と自分とあなたを疑うことになるでしょう。

 

ズバッというからこそ効果があるのです。

 

②ポジティブな要素を含めること

 

前提として必ず「褒める」、または「理解する」ということが大事です。

 

相手は自分の良い部分を指摘されたから、自分の過去から必死にそれに該当する経験を探し出すのです。

 

もし「見た目は派手ですけど、実は人付き合い下手ですよね。どう?当たってるでしょ?」なんて口にしたら僕が殴りに行きますからね。最悪すぎるお手本です。

 

人付き合いが苦手そうな部分を指摘したいのであれば、「見た目は派手ですけど、実はデリケートな部分がありますよね。」といったように卑下するのではなく、理解を示すのが大切です。

 

そうすることで、相手も認められた気分になり、むしろ「本当の私を分かってくれてる」と思うでしょう。

 

③自分だけに向けられた言葉だと感じさせること

 

我々は「あなただけに言うんだけど…」なんて言葉に弱いものです。

 

逆に言えば、もし毎朝の占いが、「今日のみなさんの運勢は最悪です!」なんて占いだったら誰も信じないでしょう。

 

「今日のふたご座のあなたの運勢は…」「AB型の方の運勢は…」

などのように限定的であるから占いを信じる人はいるのです。

 

これはフォアラー効果以外でも使えるのですが、「特別感」を出すことは非常に有効です。

 

あなたは実は○○でしょ。」「ほかの人は××な場合が多いけどあなたの場合は…

 

というように「あなただけ」感を出すことを意識しましょう。

 

まとめ・明日の更新する内容は…

まとめ

 

改めて言いますが、悪いようには使ってはいけませんよ。

 

それだけ強力な心理誘導ですからね。

ではまとめます。

 

まとめ

  • 人間には「アンビバレンスの法則」二面性があり、裏の面を突くことで信頼関係を築ける。
  • 裏の面を知っている必要はなく、「フォアラー効果」で相手に勝手に意識をさせる。
  • 3つの注意点をしっかり守って活用すること。

 

明日の更新する内容は

 

さて、明日の更新する内容は『【好きな人のテンションが低い…】あの人の心を知る心理術!』という記事を書く予定です。

 

なぜか私といるとテンションが低い…

 

心配になってしまいますよね、これを機にその不安を解消しましょう!

 

お楽しみに。

(更新しました!→ 【読心術の習得】相手の心を見破るテクニック7選!

 

ツイッターから最新情報を

ブログの更新をお知らせしたり、その他有益情報を発信しているので是非ツイッターのフォローもお願いします。

リプしていただければ何でもお答えしますゆえ↓

Twitter:まさくまさんの学校

ではまた明日。

  • この記事を書いた人
まさくまさん

まさくまさん

人間のあらゆる「悩み」について考察しているクマさん。 大体の悩みは「人間関係」だと理解し、義務教育では何故か教わらなかったこの教科をメインに「まさくまさんの学校」を開校。 Twitterは4ヶ月で1万人フォロワー突破。 中高生向け動画アプリTikTokも4カ月で1万人突破。

-コミュニケーションの授業
-

Copyright© まさくまさんの学校 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.